MAIL

BLOG

ブログ

利用者の声

2024.07.01

脳梗塞発症から20年の片麻痺も改善できる!(0016)

当施設で実際にリハビリをされたご利用者様の声をご紹介します。

脳梗塞発症から20年の片麻痺も改善できる!(0016)

60代 男性
脳卒中 おすすめプラン(90min×24回)

▶︎安定して歩けるようになりたい!
▶︎歩きづらさや動きづらさが出てきたので改善したい!

リハビリ前のエピソード

40代の頃に脳梗塞を発症し、それ以降約20年間にわたり後遺症と闘ってこられました。数年前からは週に2回ほど通所リハビリを利用しながら状態の維持を目指しておられました。通所リハビリで行っていたリハビリは、主にパワーマシーンを使って全身の筋力を鍛えるような内容でした。最近、歩行中にバランスを崩すことが多くなり、歩き辛さを感じておられました。そんな時に新聞の折り込みチラシからリハビリZONE岐阜の存在を知っていただき体験リハビリを行いました。1回の体験リハビリで効果を感じていただき、脳卒中おすすめコースをご契約され、約3ヶ月間のリハビリを行いました。

リハビリ前の自覚症状

リハビリ前は、以下のような症状にお悩みでした。

▶︎ 最近動きづらさがあり、歩きづらくなってきた。

▶︎ バランスを崩すことが多くなってきた。

▶︎ 長い距離を歩けない。
脳梗塞発症から20年の片麻痺も改善できる!(0016)

リハビリ前の療法士の評価

まずは、患者さんのお悩みである歩き辛さの原因を検討しました。歩行の様子を動画撮影も行いながら入念に観察し、背骨の変形や体幹の筋力低下による姿勢不良、バランスの悪化が問題であると考えました。バランスの悪さを補うために、左足を地面についた時に上半身が右側に傾くような姿勢になっていました。左足で体を支えられる時間が短く、傾きの大きなふらついた歩行になっていました。リハビリの目標設定は、3ヶ月後に大型スーパーで楽に買い物ができる(=8,000歩 歩けるようになる)事に設定しました。
脳梗塞発症から20年の片麻痺も改善できる!(0016)

実施したリハビリ内容

ボイタ法での施術とHAL®︎を使っての関節を動かす訓練に加えて、実際に歩く姿勢を覚えるための歩行訓練を中心にリハビリを行いました。

ボイタ法
ボイタ法で背骨周りの筋肉に刺激をいれていくことで、背中の丸みや胸椎部(背中のあたり)での右に曲がったアライメントを改善していきました。

HAL
HAL®︎は、主に足関節タイプを使用して、体重をしっかりと支えられるようになりたい左足関節の筋肉強化・柔軟性改善を行いました。幸いにも脳梗塞による麻痺の影響は大きくありませんでしたが、足首を上に持ち上げる動作には右と左で差があったため、HAL®︎を使用し繰り返し練習していくことで、脳から筋肉への信号のつながりを強化していきました。

歩行訓練
歩行訓練では、まず自分の歩く姿を客観的に把握していただくために撮影した動画を見ていただきます。動画を通して、利用者様の歩行の問題点を共有し、どこをどのように改善していくのかについて理解していただきます。私たちは、自分の動きを客観的に捉えるためにはこの方法が一番効果的だと考えています。リハビリをすることでの最終的な目標が、”長い距離を歩けるようになること”であったため、身体のバランスがとれた疲れにくい歩行を目指してトレーニングを行いました。

リハビリ後について

リハビリ開始時は、身体のバランス不良があり杖を外側について安定させる必要がありました。3ヶ月のリハビリを行なった結果、身体のバランスが改善され、それにより杖を身体に近い位置で使うことができるようになりました。バランスが悪い状態では杖を身体から離す事で安定させていたのですが、ご自身の足でしっかりと支えられるようになったことで杖への依存度が減りました。それによって歩く時の姿勢も以前よりは整いました。ご本人からも
・左足を振り回して歩いていたところが改善して良かった。
・立っている時や歩いている時の姿勢が良くなった。
という喜びの声をいただきました。

脳梗塞発症から20年の片麻痺も改善できる!(0016)

まとめ

今回の患者様は、脳梗塞を発症されてから20年近く経過していましたが、1回 90分のリハビリを週2回、合計3ヶ月間行っていただく事で目標であった大型スーパーに買い物に行くことができるようになり、無事リハビリを卒業されました!

リハビリはご自身の状態を理解していただくために、動画を共有しながら歩行の問題点をフィードバックすることから始めました。ご自身のどこが問題になっているのか、何を意識したらいいのかを、理解していただくことで質の良いリハビリを効率よく行うことができます。このように患者様とマンツーマンでみっちりリハビリを行い患者様の体に定着させていくことで、何も意識せずに歩いていても自然な歩行が行えるようになっていきます。

脳梗塞発症から20年の片麻痺も改善できる!(0016)私たちは、患者様の日常生活を豊かにするために身体機能を改善させるリハビリを行なっています。少しでも良くなりたい、リハビリを頑張っているけれどなかなか改善せずに困っているm、という方がおられましたらいつでもご連絡ください!

リハビリZONE岐阜では、『リハビリで笑顔を再生!!』を合言葉に、ボイタ法による施術とHAL®︎を用いた機能訓練を中心とした自費リハビリを行っております。これまでにリハビリで思うような結果が出ず諦めていた方、現在身体のことでお悩みのある方、もっとリハビリをしたいとお考えの方など、様々なニーズにお応えするための手段を多数ご用意しております。是非一度、体験リハビリを受けてみてください!スタッフ一同心よりお待ちしております。

お問い合わせ先
058-201-1356

営業時間
月-土 10:00-18:00

定休日
日曜日

ブログ記事一覧に戻る

<

【第57回兵庫県空手道選手権大会】マスターズをサポートしました

脳梗塞の危険を高める4つの病気と今日からできる対策

<

ACCESS

アクセス

施設外観イメージ

リハビリZONE 岐阜

〒500-8384

岐阜県岐阜市薮田南1丁目8番4号

TEL

058-201-1356

営業時間
10:00〜18:00
定休日
日曜日

駐車場のご案内

建物の裏側にリハビリZONE岐阜専用駐車場がございます。5台まで駐車可能です。車椅子をご利用される方は駐車場側にある入口からご案内いたします。

駐車場案内図

YouTubeに詳しい施術方法や
自主トレ動画をアップして
いきますので是非動画をご覧ください!

YouTubeチャンネルはこちら